top of page

子どもの頃から大人になった今もなお

共感力の高さで日々生きづらさを感じる中で

人に対する強い恐怖心や好奇心を元に

一貫して人物を描いています


あらゆる共感は生きていく中で恐怖や関心、生きづらさだけでなく社会や他者からの救い支え合うことも経験してきたことで幸せにも

溢れていることを学びました


心の穴を埋めるような作品を届けたいと繋がりを求めるかのように今日も筆を動かし続けています




------------------


私の作品の中に登場してくる彼女たちの多くは私でもありあなたでもあり私でもあなたでもない誰かでもあって限りなく人に近い魂をいれるうつわのようなアバター(かりそめの姿)をイメージして描いています


SNSや社会で私たちは代わり身のような本来の姿と違う顔や姿を使って誰かや何かと繋がっていることが当たり前になっています

そんな中で生まれる心の光と影を敏感に捉えることで絵を通じて観る人は俯瞰するように自分自身を見つめることもできます

そして絵の中にいる"誰か"や"自分"と

自由に共感できるアートを目指しています



2024.05  佐々木 ゆか


Concept: プロフィール
bottom of page